100均グッズや格安商品を愛でるブログ

ダイソー、セリア、キャンドゥなどの商品を中心にレビュー

ダイソー充電池の容量は少ない?エネループなどと比較!

calendar

ダイソーの充電池はニッケル水素電池というタイプです。

1本100円という破格の安さですが、
容量は充分なのでしょうか?

同じくニッケル水素電池で有名なパナソニックのエネループや、
お手頃価格で売られているエネボルトと比較していきます。

スポンサーリンク

各種ニッケル水素充電池の容量は?

早速、容量をチェックしていきましょう!

★ダイソー

まずは本記事の主題。
ダイソーの充電池。

単3…容量:1300mAh(約500回使用可能)

単4…容量:750mAh(約500回使用可能)

こんな感じのスペックです。

★エネループ(eneloop)

パナソニックの人気商品。

エネループにはこちらのスタンダートタイプと

こちらのハイエンドモデル(eneloop pro)とがあります。

スタンダートタイプ単3…容量:min.1900mAh(約2100回使用可能)

スタンダートタイプ単4…容量:min.750mAh(約2100回使用可能)

ハイエンドタイプ単3…容量:min.2500mAh(約500回使用可能)

ハイエンドタイプ単4…容量:min.930mAh(約500回使用可能)

単4のスタンダートのみがダイソー充電池と同容量で、あとは全部、エネループのほうが上という結果に。

またエネループの充電池容量は「min.」での表記なので、
数値だけで見ると少しエネループ側が不利かも?

なので実際は単4スタンダートタイプでも、
ダイソーのものよりも上かも知れません。

(min.での表記について詳しく説明すると長くなるので、
「min.の条件で表記すると数値が小さくなりがち」とだけ把握してもらえたら良いかと!
詳しく知りたい方はこちらのサイトが参考になります。)

尚、エネループのハイエンドタイプは容量が大きいだけではなく、
自然放電が少なく低温にも強いという特徴もあります。

★エネボルト(enevolt)

ダイソーよりは高いけど、
エネループよりも安い、そんな価格帯のニッケル水素充電池エネボルト。

スタンダートな単3の4本セットと

単4の4本セット。

こちらも大容量タイプがあるのですが、単3サイズのみです。

スタンダート単3…容量:2100mAh(min.2000mAh、約1000回使用可能)

スタンダート単4…容量:900mAh(min.800mAh、約1000回使用可能)

大容量タイプ単3…容量:3000mAh(min.2700mAh、約1000回使用可能)

いずれもダイソー充電池より容量が多いですね。
更に充電回数も多いという!

さすがに1本あたりの単価はダイソーより高くなりますが、
お値段もお手頃だし、
「ダイソーの充電池では容量が心配」という方の有力候補になるでしょう。

ダイソー充電池の容量はやはり少なめだが…

以上、ダイソーの充電池の容量とエネループやエネボルトとの比較でした。

まあ…「安いけど容量は少ない」という妥当な結果ですね^^

でも単4サイズのほうだと差は少しですし、
何より最初にかかる費用が安いですからね。

でも「消費電力が激しくないもの」や「電池の交換・再充電が容易な環境で使うもの」、「仮に電池切れを起こしても大して困らないもの」に使うぶんには悪くないと思います。

つまり使い道次第!
ちなみに我が家ではフェイス用の電動シェーバーと電動歯ブラシ、エアコンのリモコンに使っています!